知識があれば株取引が楽しくなるはず!自分に合った方法を見つけましょう

>

株で利益や損が生じても確定申告は必要?

税金が掛かる?

株式投資をした際、売買での利益が出た時は譲渡益課税と、配当金を受け取った時に天引きされる配当課税の2つの税が掛かります。株を買った値段より高く売れた時は、譲渡益を20.315パーセントの申告分離課税として税金を納付する必要があります。

なお、証券会社で口座開設をした際、特定口座という株取引専用の口座を開設する必要があります。源泉徴収ありの方法を選べば、証券会社が税金の計算をした後に株取引で売却した代金から税金を差し引きます。そのため、確定申告は不要となり1つの手間が省けます。

一方、株取引をした場合に損失が出る可能性はあります。別の証券会社や投資信託での取引をしているうえで利益が出ているなら、損益通算という方法で利益から補填を行い所得税を減らすことができます。全ての口座が損失の状態にあるなら、譲渡損失の繰越控除という方法を取れば、3年間は利益や配当利益の損益通算が可能です。



様々な口座に合わせた確定申告

株取引をする際に、確定申告の手続きが面倒に感じる人はいるでしょう。しかし、特定口座を開設しており源泉徴収ありの方法を選べば、証券会社が納税の手続きをしてくれます。通常の口座から株取引をしている場合は確定申告の手続きは必要ですが、年間を通じて20万円以下の利益だけの場合は要りません。

NISAという非課税枠を活用して株取引をしている場合は、配当金や譲渡金でも課税の対象外となります。長く株を保持しようとする人には向いている方法かもしれません。ただし、非課税期間は最長で5年です。2024年からNISAは2階建て方式となり、1階部分の積み立てNISA対象商品の購入を20万円以内しなければ、2階部分の利用ができません。なお、上場株式購入をはじめ2階部分の投資枠は年間102万円までなので、参考にしてください。


この記事をシェアする