知識があれば株取引が楽しくなるはず!自分に合った方法を見つけましょう

>

ネット証券で購入するのが不安なら窓口を選ぶのも有り

初心者におススメ?

銀行や証券会社のような金融機関を利用して株取引を行うのも可能です。担当スタッフが、初心者でも丁寧に説明をしてくれるので心強さを得られます。特に、経験豊富な証券アナリストが在籍している所なら、より安心感を得られます。

しかし、ネット証券との違いは取り扱う銘柄が限定されがちな所です。IPOという新規公開株の取り扱いはあるかもしれませんが、自分に合った株式が見つからないケースがあります。各証券会社や銀行によって、日本株や外国株などの取り扱う株が異なるようです。可能な範囲で自分なりに研究をするのも必要ですが、一度窓口に相談するのもおススメです。

また、ネット証券と比較しても手数料は高い傾向にあります。コスパ面で悪いと感じる場合は、利用するのを控えましょう。

窓口ならではの強みと弱み

窓口の場合、店舗に行くとマンスリーレポートのような専門紙を閲覧できる機会があります。専門家ならではの視点で質の高い投資情報を確認できるため、今後の株取引の方向性を決める切っ掛けを得やすくします。また、自分で経済紙や専門の雑誌などを購入すると費用が嵩みますが、賢く活用すればその節約ができます。

専門誌で情報収集をする際、ある程度のスキルが無いと理解をするのが難しいかもしれません。その場合は、株式セミナーへの参加や著書などを活用して専門的な知識を得るようにしましょう。ある程度理解が深まれば、株取引の面白さが見つかるうえ自分なりのスタイル形成を目指せます。そのうえで、証券アナリストに質問や疑問をすれば、より知識を深められるでしょう。ただし、証券アナリストは得意分野と苦手分野があるので、見極め作業も欠かせません。


この記事をシェアする