知識があれば株取引が楽しくなるはず!自分に合った方法を見つけましょう

初心者が株取引で資産形成する方法

先ずは株取引のおおよその流れを押さえましょう

株取引をする際、ネット証券を利用して購入する方法があります。通信環境があれば、場所や時間を選ばずに取引ができるのは1つの強みです。また、情報をリアルタイムで得ることや手数料が安いのも心強さを得られるポイントです。一方、良い面ばかりではないので注意しましょう。

ネット証券で購入するのが不安なら窓口を選ぶのも有り

ネット証券で株取引をするのに不安があれば、銀行や証券会社のような金融機関の窓口を活用すると良いでしょう。営業時間内であれば相談対応してもらえるうえ、株購入や売却で悩む時でもサポートを受けられます。特に株取引をするのが初めての人には、頼れるサービスになるかもしれません。

株で利益や損が生じても確定申告は必要?

株取引を初めて行う人で、株で儲けが出たり損失が発生した時に確定申告を行うか否かを悩む人はいるかもしれません。株取引で儲けが出た時に必要なケースはありますが、損をしても使い方次第では節税が図れます。いくつかポイントを紹介するので、手続きを行う際の参考にしてください。

株をネットで購入する場合

株取引の楽しみは、利益や損失が出る以外に株主優待が得られるなどいくつかメリットがあります。活用次第では資産形成以外でもメリットがあるので、初心者が安心安全に株取引ができるための流れを確認しましょう。

株の売買をする際、証券会社の口座づくりから始めます。ネット証券を活用するのも1つの方法ですが、株を購入する所を選ぶ作業や手続きを自分で行うようになります。株式市場の流れを把握したうえで、利益が増えるのを自分なりに見込めるなら増資をすると良いでしょう。一方、大きなマイナスが生じた際、これ以上のダメージをなくす損切をする時も出ます。各種見極め作業を自分で行う必要が出るので、スキル以外に株価の値動きを確認する時間も要ります。

自分では手続きに不安がある時は、銀行や証券会社の金融機関を利用するのが良いでしょう。担当者がお客さんの疑問や悩みに対して、寄り添って答えてくれるので安心です。そのうえで、おススメの商品を提供してもらえます。その他、金融機関によってはIPOという新規公開株の取り扱いをしているので、今まで知らなかった商品の紹介を受けられます。

株取引で儲けが出た時に売却をした際は、20.315パーセントの税金が発生します。そのため、確定申告の手続きが必要となり、分離課税という株式だけの利益から納税を行います。なお、証券会社の口座が源泉徴収有りの特定口座の場合や、会社員で売却益が20万円以下の場合などは申告手続きが不要となります。また、金融機関で購入する場合は概ねサポートを受けられるので、不安があれば積極的に活用しましょう。